愛媛県会員 一色龍太郎さんの写真展


愛媛県会員の一色龍太郎さんが写真展

7月11~23日、東京・新宿のギャラリーで

愛媛県営業写真家協会の会員、一色龍太郎さん(アールスタジオ代表)が7月11~23日、東京・新宿のリコーイメージングスクエア新宿のギャラリーIで、写真展「 四国 石鎚 山里物語 」を開催。霊峰に住む人々の素朴な暮らし、有形無形の文化遺産など約50点を2年ぶりに発表する。

「我が家から一望できる」という石鎚山系の山に若い頃から登り続けている一色さん。大学時代には探検部に所属して各地で洞窟探しをした経験も。8年ほど前から地元の石鎚山系の山里をテーマに本格的な撮影活動を開始した。修験道の山として名高い霊峰「石鎚山」は西日本最高峰。大昔から多くの人々が神仏に寄り添いながら大自然の中で暮らし、有形無形の文化を生み、育んできたが、現在は廃集落、限界集落も少なくない。そんな山里で今も暮らす人々の素朴な暮らしぶり、残しておきたい伝統文化や石造物など文化遺産をライフワークとして撮り続けている。「石鎚山」関連の写真展としては2年ぶり2回目。


関連リンク

ギャラリーの開場時間や地図はこちらでご確認いただけます

「四国 石鎚 山里物語」 (しこく いしづち やまざとものがたり) / リコーイメージングスクエア新宿 / コミュニティ | RICOH IMAGING
RICOH IMAGING デジタル一眼カメラ・写真を楽しめる、個性豊かな写真展を行うギャラリー、最新のカメラやレンズに触れられるショールーム、修理受付カウンターなど、新宿に展開するスペースをご紹介いたします。

この記事の投稿者

日本写真館協会広報部
日本写真館協会広報部
(協)日本写真館協会広報部による投稿です。代理投稿を含みます。