第55回 四国写真家協会 高知大会

写真新時代 新たな付加価値創造を!

私たち四国写真家協会は、第55回四国写真家協会・高知大会を6月28、29日、ホテル日航高知で開催いたしました。大政奉還150周年の記念イベントで大いに盛り上がる高知市での開催となりました。

今回は温故知新をテーマに掲げました。時代の変化と技術の発展によってお客様のニーズもさまざまになり、写真館が置かれている環境はたいへん厳しいものになっています。今大会では、研修と懇親会を通じて写真の持つ価値と意義を今一度考え、そしてこれからの写真館のあるべき姿に寄与すべく、プログラムいたしました。

研修会では、業界を代表する気鋭のお二人を講師に迎えました。1日目は、創業明治8年の瀬古写真株式会社5代目の瀬古恵介氏。長い伝統で培われた、愛とまごころを込めた最高品質の写真をめざしつつ、新たな写真時代の幕開けを期して2013年からアミューズメントスタジオ「Memoris」を展開中です。

2日目は、株式会社フォトアートヒロムの綾隆司氏。2013年に同社を設立した綾氏は、学校写真、卒業アルバムに力を注ぎつつ、現在六甲山の大自然のなかで、癒しのスタジオ「六甲 森の写真館」を展開中です。

夜の大懇親会では、土佐の皿鉢料理と美味しい地酒で、参加された皆様をおもてなし。たいへん盛り上がりました。

最後になりますが、今大会開催におきまして、高知県営業写真家協会の皆様にはたいへんお世話になりました。また(一社)日本写真文化協会、(協)日本写真館協会、メーカー、商社の各社様など関係各位のご支援に厚く感謝申し上げます。

四国写真家協会

開会

瀬古恵介氏セミナー

綾隆司氏セミナー

コンテスト

閉会

この記事の投稿者

日本写真館協会広報部
日本写真館協会広報部
(協)日本写真館協会広報部による投稿です。代理投稿を含みます。