第67回 北海道写真館連合会 北見大会

 第67回 北海道写真館連合会 北見大会が北見市のホテル黒部にて8月7-8日に開催されました。

 開会式は千葉浩道実行委員長の挨拶、北海道写真館連合会会長 堀田雅嗣氏の挨拶、ご来賓の(一社)日本写真文化協会 武藤芳幸副会長、(協)日本写真館協会 新貝宗副理事長、協賛メーカーを代表して富士フイルムイメージング株式会社 木内格志様よりご祝辞をいただきました。

 開会式後、大会講師の河村優子・琴美先生によるセミナーを開催いたしました。セミナーは河村優子氏の会社代表交代後の考え方や経営方針、スタッフの育成など経営全般からSNSを積極的に使った宣伝やファンづくり、撮影スタイルの説明などに参加者はたいへん感心しておりました。

 セミナーのあとは午前中に審査の行われた大会コンテストの結果発表と審査員の河村優子氏による講評があり、その受賞者による記念写真を撮影いたしました。今年の知事賞は札幌の岡村匡氏が受賞いたしました。

 夜の懇親会も大変盛り上がりました。北見の会員が結成しているデュオの歌やビンゴで盛り上がりました。

二日目は前半が優子氏による撮影した後の現像の簡単な説明と、同時進行で行われた琴美氏による七五三ヘアのワークショップ・休憩時間も休まず続けられた編み込みの講習と非常に女性参加者を中心に熱心に勉強が続きました。

第2部では優子氏が7歳の七五三の撮影を行い、実際に撮影したRAWデータを現像修整していただき具体的にどのように作画をしているのかを目の当たりにすることができ大変勉強になりました。

 今年の北見大会は54名の参加者があり近年の地方開催においてはたくさんの会員に参加していただき大変成果のある大会となりました。来年の札幌大会にもたくさんの方が参加して有意義な時間を共有されることを願っています。

文責 北見支部文化部長 佐藤公哉

この記事の投稿者

日本写真館協会広報部
日本写真館協会広報部
(協)日本写真館協会広報部による投稿です。代理投稿を含みます。