65回北陸三県写真館協会 石川大会

「次世代に伝える『写真』を大切に」

65回 北陸三県写真館協会 石川大会

2017年8月17日(木)「次世代に伝える『写真』を大切に」をスローガンに金沢市の石川県政記念しいのき迎賓館にて北陸三県写真館協会 石川大会が開催されました。写真館が出来る社会貢献活動の一環、業界の発信として、三年前に行った「北陸のおもてなしプロジェクト」とコンセプト同様に、地域で活躍される人たちを題材に出張撮影を行い、当日仕上げを行い、翌日写真展を行うというものでした。

まずはじめに大会本部開会式にて県別おそろいのオリジナルTシャツを身にまとい全メンバーが集結。小坂三県文化部長の掛け声で「がんばろー」コールを皮切りにメンバーのテンション大盛り上がり。X-Rite社冨川丈司氏の「カラーチェッカーパスポートを活用したカラーマネージメントセミナー」1部(撮影編)を受講。

出陣式 小坂石川県会長のガンバローコール

出陣式 小坂石川県会長のガンバローコール

X-Rite社冨川丈司氏セミナー

X-Rite社冨川丈司氏セミナー

その後三つの撮影チームを編成し、金沢市近辺の各撮影場所へ移動。お盆過ぎの暑さが和らぐ天候の中、訪問先では営業中にも関わらずモデルの皆さまの多大なご協力のもと、撮影が行われました。チーム内においても撮影だけでなく、移動、受付、ナビゲーター等皆が役割を担い、活気ある声が響いていました。またモデルさん同様にメンバー皆さんの笑顔と心地よい汗が光り輝いていました。

また本部では撮影した画像を現像、プリント出力、パネル張り作業に汗を流しました。切れ味抜群の北陸メンバーで、想定以上にみなさんの手際の良さが光りました。撮影終了後またメンバーが一堂に会し、カラーマネージメントセミナー」2部(現像編)を受講。その後、全員で記念撮影。撮影を行った留田総務にヤジが飛ぶ中、笑いあふれる記念撮影で全メンバーがこの上ない笑顔と、笑い声に包まれました。

その後懇親会場へ。(一社)日本写真文化協会、堀恵介会長、(協)日本写真館協会、佐藤泰博副理事長、本大会の川島会長のご挨拶。小坂石川県会長の掛け声で乾杯。時を同じく写真展の設営も行われました。

翌日は写真展会場となった大和デパート中央ロビーステージにて、多くの一般のお客様がいる中、写真展開催のテープカット、セレモニーと三県大会写真コンテストの表彰式が盛大に行われました。

北陸三県写真館協会 石川大会 写真コンテスト入賞者
第一部 推薦 小坂 泰文、特選 堀 光治、準特選 島瀬 航
第二部 推薦 小坂 泰文、特選 吉川 昌幸、準特選 島瀬 航
第三部 推薦 笠松 丈夫、特選 堀 光治、準特選 島瀬 航

本大会は撮影を通じた社会貢献、業界の発信という目的で、外向き・発信型の大会として行われました。社会貢献活動による業界のPR、社会的地位の向上、新たな需要の拡大、会員内の技術の向上、会員相互の技術の伝承と様々なねらいがありましたが、どれだけ達成できたかは正直わかりません。ただこうして北陸のメンバーが集い4回続けることができたことに何らかの意味があるように思います。

今回、モデルになっていただいた皆さま、ご支援・ご協力いただいたメーカー商社様、関係各位の皆さまの多大なご協力をいただきました。改めて皆さまに感謝御礼申し上げます。

そして何よりも北陸三県協会会員の皆さまのお力添え、結束の賜物であったと強く感じております。

ありがとうございました。

石川県写真館協会 文化部長 坂下和成

この記事の投稿者

日本写真館協会広報部
日本写真館協会広報部
(協)日本写真館協会広報部による投稿です。代理投稿を含みます。